台湾・中国でのスマホの使い方(短期旅行者向け)

大家好!
近年LCCの代等で海外旅行が身近になってきましたね。

そこでよく聞かれるのが

「海外って日本のスマホを使えるの?」

という質問。
そこで今回は中国在住スタッフのスマホ事情を書いてみたいと思います。

「スマホはそのまま海外に持って行っても使えません!」

auやsoftbank、docomoの場合使える場合もありますが割といいお値段で不安定だと聞きます。

例えばここ中国ではLINEやGoogleMAPなどが国により規制されており使えません。
ロシアでもLINEが使えなかったり、使えても通信料が高額だったりと
そのままの状態だと不便極まりないです。

Softbankやauなどは海外ローミングに対応していますが
これもなかなか高額で1日2日程度であれば問題ないかな。。。といった感じです。

例:auだと1週間海外ローミングをすると7,000円かかります

そこでまずお持ちのスマホをSIMフリーに対応させるために
「SIMロック解除」を行なってください。
よくわからない方は携帯ショップに行き
「SIMフリーにしてください(SIMロック解除してください)」と言うだけでOKです!
(日本国内での使い勝手などは何も変わりません)

ここで注意して欲しいのが
「スマートフォンを分割払いで購入している方」
にのみ存在する「101日ルール」です。
※2019年10月現在

「スマートフォンを分割払いで購入している方」

スマホを機種変更して101日以内は上記のSIMロック解除ができません。
この場合残額を一括で払うか、
別のSIMフリースマホをGEOや中古スマホショップで買う必要があります。

1000円で、SIMカードを買おう!

さて、SIMロック解除が無事済んだところで
ここからは最近人気の台湾や中国に行かれる方向けの案内です。

Amazonや通販などで以下の「SIMカード」を買いましょう
(SIMカードとは、スマホに入れるメモリーカードのようなもの。
全てのスマホに入ってます)


中国 本土31省と 香港 8日間 無限 上網 Data通信 専用 プリペイド/SIMカード

個人的にはこのSIMがオススメです(1週間以内の滞在の場合)

・スマホのSIMロック解除
・SIMカードの購入
・何か細いピンなどの準備(iPhoneユーザー)

(細いピンはiPhoneの箱に付属していることが多いです)

さて、これで台湾・中国でのスマホ準備は整いました。

SIMカードが届いたら、しっかりと旅行準備を済ませ、現地に飛びます!

飛行機内、または現地についたら上記で購入したSIMカードをスマホに刺します。

こんな感じでトレーを引き出して、SIMを入れ変えればOK!

あとは自動的に設定されて通信が開始されるはずです!(iPhoneの場合)

機種によってはあらかじめスマホ上で設定が必要な場合がありますが
SIMカードに同梱されている説明書通りにやれば簡単にできるので
ぜひお試しください🤗

もし不明な点や聞きたいことなどあれば、
当店のライン窓口よりお気軽にご相談してくださいね。
(電話は窓口が違うので、ラインよりお問い合わせください><)

ではみなさんこの辺で、再见〜!